紅葉秋も深まり、もみじや楓がきれいに色付く季節になりました。

 

NY ease Therapy®講習会 第1期生の1回目のプラクティスセッションが開催されて、早くも2ヶ月が経ちました。

その間、講習生のみなさんは、それぞれのサロンでセッションを重ね、

技術に対する質問や、コンディションに関する疑問等をセッションノートに記載し、

一生懸命に技術力を上げるために頑張って来られ、

 

そして先日大阪で2回目のプラクティスセッションが開催されました。

1月の試験に向けての最後の技術練習ということで、みなさん緊張感もありましたが、

真剣な中にも、関西支部長の楽しいお話や笑いの中で、和やかなプラクティスセッションの時間となりました。

 

マッサージの手の動きの復習や、負担のかからない施術者の体の使い方なども時間をかけてご指導しました。

 

NY ease Therapy®の講習会では、技術を教えるだけでなく、

定期的に技術の確認をし、セッションの中でわからなかったことや、疑問などにお答えしながら、

高い技術力のセラピストを育て、サポートしていくプログラムとなっています。

 

ニューヨークのease NY本店に、わざわざお越しになるお客様の中には、

日本国内で数多くのスパ・リゾートホテルを経営されている方もいらっしゃいます。

 

それらの方々が、ease NYを選ぶ理由の一つは、他にはない“高い技術力”だと仰っておられます。

 

年明け1月に、NY ease Therapy®リラクゼーションマッサージの講習会が開催されます。

 

NYで4回のベストマッサージに選出されている高い技術力を、日本で教えてもらうことができるチャンスです。

サロンで、新しいメニューを増やしたいというセラピストの方や、

日本人のお客様だけでなく、これから外国人のお客様にも満足していただけるマッサージを習得したいという方など、

受講されてみてはいかがでしょうか?

 

詳細は、NY ease Therapy協会HP

 http://www.nyeasetherapy.com/

をご覧下さい。

ご連絡をお待ちいたしております。